失敗しない相模原市での注文住宅

注文住宅を建てようと思ったら、何事も慎重に決めていく必要があります。その場の思いつきで決めてしまっては、後悔してしまうことにもなりかねません。一生を過ごす場所は、自然にも恵まれていてショッピングや遊びにも便利な所に住みたいものです。そこで、新しい住まいを建てるのにぴったりなのが相模原です。相模原で育つと、なかなか離れられないという相模原愛に溢れる人がたくさんいることもよく聞かれると思います。しかし、相模原市と言っても大変広いので、どのあたりに家を立てたら良いのか迷ってしまいます。また、区や駅の近くかどうかなどで相場も違ってきます。そこで、今回は相模原市で注文住宅の購入を考えている方に、相模原の特徴と、それぞれの区の相場を挙げていき、せっかく時間を掛けて注文住宅を建てたのに不便だったと後悔しないためのポイントを紹介します。

相模原市の便利性と特徴、相場について

相模原市は、公園や自然が多いので子育て世代のご家庭にとてもおすすめです。ショッピングセンターや百貨店などの商業施設も充実していますので、お買い物にも大変便利ですし、まだまだ発展途中なので街の発展を楽しむこともできます。何といっても相模原の一番の特徴は、土地が平坦で、自転車でも負担なく走ることができることでしょう。また、都心まで35分から40分で行けるので、通勤通学にも便利です。次は、注文住宅を建てた場合の相場を見ていきましょう。緑区は、土地面積30坪に対して2500万~3000万、ただし、橋本駅近くは5000万前後します。中央区が土地面積約30~35坪で3000万~3500万です。南区が土地面積約30坪に対して3000万~3500万になり、相模大野駅の徒歩圏内だと4000万を超えます。予算は高くなりますが、住んでみて一番便利なのは、橋本や相模大野周辺と言えるかもしれません。

失敗しない注文住宅をたてるために

これだけ住みやすい条件がすべて揃っているのだから、相模原市に家を建てられたら言うことなしです。また、建売住宅という選択肢もありますが、せっかくいい場所に家を建てても、間取りや生活動線などで不便なことが出て来ると困ってしまいますので、注文住宅を建てることをおすすめします。まず、注文住宅を建てる際には、価格重視なのか便利性重視なのか、何を重視していくのかを順位付けすることが重要です。部屋数や間取り、収納スペース、生活動線も大切になってきます。また、相模原市も区によって多少の便利性の違いはありますので、十分に理解する必要があります。家族構成や学区、利用したい店舗なども考えながら、相模原の中でもいかに自分が住みやすい場所に家を建てられるがポイントです。一生に一度の大きな買い物なのですから、後悔のないような選択をしていきましょう。